« 五感解放の旅 | トップページ | ☆銀河鉄道ポッドキャスト Vol.5 ~タイで象にのったゾウ!?~ »

2011年9月 9日 (金)

ダイアローグ

こんにちは。
時の旅人、のぶりん♪こと、衣川信之です。

銀ポッドを聴いてくださってるみなさんはお気付きだと思いますが、実は、三人がいちばん収録を楽しんじゃってます。
僕も、泉水さんや友里さんと過ごす時間が大好きです。
思考がスパークするんですよ。

次回の銀ポッドでは、僕がタイのリゾートへバカンスに行ってきたお話しをしますが、今回の旅では、ある意図を持って出かけてきました。

鞄には20冊くらい本を詰め込んでいったのですが、いちばんの収穫は、「時間の終焉」という本でした。

この本は、物理学者と聖者の対話篇になっています。

物理学者のボームは聖者と話をしながら自らの思索を探り当て、聖者もまた物理学者との対話を通じて自分が見い出したものを顕現させていきます。

そして、二人は、ダイアローグ(対話)による瞑想とでもいう境地に辿りつき、向かい合いながらも、自己対話しつつ、自分の中に深く入っていくのです。

目標を立てるのは時々役立ちますが、人生の重要な出来事は、なんだか、見えない大きな力によって導かれてきたような、なんだかよくわからないけれどこっちの道を選択したくなるようなことって、ありませんか?

僕は、大学生の頃、好きだった女の子に、英会話スクール一緒に行こうって誘われました。
その時は、司法試験受けようと思ってたことと、好きだった女の子にいざ誘われるととっても恥ずかしかったことと、予備校費用をバイトで捻出していたので英会話スクールは無理と思ったのと。。。とにかく、色よい返事ができず、ロマンスも成就しませんでした。

そして、英語とは全く無関係な、法律や経済を教える予備校講師の道を選んだのですが、30代も半ばになった頃、買い物に立ち寄ったショッピングモールに入っていた英会話スクールで体験レッスンを受けてから、英語の道に入ることに。

今日、素敵な方たちとランチをご一緒してきたのですが、『オズの魔法使い』の話が出てきたことから、選択によって、自分が経験するルートが違ってくるけれど、行きつく先は結局同じなのかもと思いました。

これまでの人生でお勉強をたくさんしてきましたが、結論は、ハートを開いて、まっさらになって、道々の景色を楽しむのがいちばんいいっていうこと。

そして、心の故郷でつながる友人たちと、経験したことや感じたことを分かちあう時間が、いちばん楽しいと。

読書は一人でできるけど、ダイアローグには相手が必要です。
ダイアローグは、愛知人(哲学者)にとって、いちばん幸福な時間かもしれないな。

僕たちが集まる場所がパワースポット化しているという噂の三人が繰り広げる、銀河鉄道ポッドキャスト。
楽しくて、そして、深く、濃い、お話が満載です。
三人が、最先端の気付きを交歓し合っているのですから。

次回もお楽しみに。

|

« 五感解放の旅 | トップページ | ☆銀河鉄道ポッドキャスト Vol.5 ~タイで象にのったゾウ!?~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1547367/41593400

この記事へのトラックバック一覧です: ダイアローグ:

« 五感解放の旅 | トップページ | ☆銀河鉄道ポッドキャスト Vol.5 ~タイで象にのったゾウ!?~ »